愛知県電気工事業工業組合

電気工事組合とは
理事長のご挨拶
icon
愛知県電気工事業工業組合理事長 村上 秀樹
電気は便利でクリーンなエネルギーとして国民生活はもとよりあらゆる産業活動を支え、年々、その重要性を増しております。
この電気を利用するための設備を設計、施工する電気工事業者で組織しているのが、私ども愛知県電気工事業工業組合であり、常に、新技術に挑戦し、需要家皆様のニーズにいち早く応え得る電気工事を提案できる企業集団を目指しております。
このホームページが組合員企業と組合の発展、そして皆様のお役に立つことを願いましてご挨拶とさせていただきます。
組合について
名称: 愛知県電気工事業工業組合
所在地: 〒461-0005 名古屋市東区東桜一丁目2番14号
TEL: 052-971-7151
FAX: 052-971-8438
アクセス

組合組織
◆愛知県電気工事業工業組合 (根拠法律:中小企業団体の組織に関する法律)
〒461-0005 名古屋市東区東桜1丁目2番14号
TEL:052-971-7151 FAX:052-971-8438 
◆設立認可
昭和40年4月9日(登記)愛知県知事
◆組織の構成
愛知県内において電気工事業を営む者で構成し、支部は14支部とし、尾張部に名古屋地区の中・北・中村・熱田・港・緑・名古屋東および一宮市・半田市・春日井市10支部、三河部に岡崎市・刈谷市・豊橋市および豊田市の4支部をおく。
⇒ 組織図
◆役員構成(平成29年5月26日現在)
理事長:村上 秀樹  
副理事長:大髙 敏睦・赤田 哲夫・杉浦 正一
                 水野 孝三・小池 英二・林  晃市   
理事37名・監事4名
組合の目的
当組合は「中小企業団体の組織に関する法律」に基づき設立され、愛知県下電気工事業界の法的団体として、電気工事業者の企業経営の改善発展をはかるための必要な事業を行い、組合員企業の経営の安定および合理化をはかることを目的とし(定款第1条)あわせて組合員・従業員の福利の増進・資質の向上および技能向上に関する諸事業など行うため「電気工事業の業務の適正化に関する法律」(電気工事業法)により登録・届出を行った電気工事業者によって組織されています。
沿革
昭和39年4月28日 愛知県電気工事業工業組合設立総会
昭和40年3月28日 愛知県知事認可
昭和40年4月9日 登記完了
昭和40年9月21日 失業保険事務組合認可1
昭和41年4月1日 労災保険事務組合認可
昭和41年10月11日 愛知県電気工事士職業訓練所(事業内職業訓練校)を開校
昭和42年8月8日 職業訓練校が電気工事士養成施設として通産大臣の認可
昭和50年1月23日 icon
創立10周年記念式典並に祝賀会を開催 組合のシンボルマーク、並に組合旗の制定を発表
昭和52年2月7日 共同保守管理業務承認法人として名古屋通商産業局長の認可を得る
昭和54年7月14日 愛知県電気工事業青年部会 創立総会
昭和55年4月1日 愛知県電気工事業政治連盟設立届出
昭和58年2月14日 愛知電気会館、竣工式並に竣工祝賀会を挙行
平成5年4月9日 愛知県電気技術専門学院開校並に1回生入学式 愛知県電気工事士高等職業訓練校を名実ともにグレードアップして本年度より、愛知県電気技術専門学院として開校した
平成5年7月8日 愛知工事士法改正により、(一財)電気工事技術講習センターの委託を受けて
平成13年2月5日 職業訓練校の法人化に取り組み、「職業訓練法人・愛知県電気技術センター」の県知事認可を受ける
平成13年3月12日 電気事業法に基づく一般用電気工作物の指定調査機関として経済産業大臣から指定を受ける
平成14年3月21日 一般用電気工作物の定期調査業務受託開始   (中部電力㈱熱田営業所電気供給区域)
平成16年3月12日 電気事業法の改正に伴い一般用電気工作物の指定調査機関から登録調査機関として経済産業大臣に登録
平成21年1月17日   防災協定~『災害時における被災住宅の応急修理に関する協定書』を愛知県との間で締結1