愛知県電気工事業工業組合

電気工事士資格取得について
電気工事に従事するためには、電気工事士の資格(国家資格)が必要となります。
電気工事士には、「第一種電気工事士」「第二種電気工事士」の二種類の資格があります。

◆第一種電気工事士取得者が従事できる範囲
第二種電気工事士の範囲と最大電力500キロワット未満の工場、ビルなどの電気工事作業に従事することが出来ます。

※第一種電気工事士免状を取得されている方は、5年ごとに「第一種電気工事士定期講習」を受講しなければなりません。⇒ 詳しくは「講習会のご案内」をご覧下さい。
◆第二種電気工事士取得者が従事できる範囲
一般住宅や店舗など600ボルト以下で受電する場所の配線や設備工事に従事することが出来ます。
◆電気工事士(国家資格)の資格取得をお考えの皆さまへ
電気工事士の資格を取得するには、筆記試験と実技試験に合格する必要があります。
⇒ 詳しくは、一般財団法人 電気技術試験センターのHP http://www.shiken.or.jp/をご覧下さい。
◆電気工事士免状取得をお考えの皆さまには、職業訓練法人愛知県電気技術センター「愛知県電気技術専門学院」が、実施している夜間1年間の教育により、卒業時に第二種電気工事士免状の交付がなされます。
 
お問い合わせ先:職業訓練法人愛知県電気技術センター
愛知県電気技術専門学院」℡052(971)-6633
◆電気工事士試験に向けての講習会(学科・実技)を受講されたい方は、同じく 職業訓練法人愛知県電気技術センター「愛知県電気技術専門学院」まで、 お問い合わせ下さい。

⇒詳しくは「平成30年度職業訓練生(普通課程・短期課程)募集一覧」をご参照下さい。
お問い合わせ先:℡052(971)-6633